ドゥーオーガニックは、日本人の肌に合わせて作られた、国産のオーガニック・スキンケアブランドです。

国産オーガニックスキンケア ドゥーオーガニック【do organic】


期間限定 税込¥5,400以上の注文で送料無料

オーガニック化粧品として国際認証を取得

エコサート(ECOCERT)とは?

  • エコサートは1991 年に設立された世界最大の国際有機認証機関。
    フランス・トゥールーズを本拠地とし、ヨーロッパを中心に世界50ヵ国以上の国で 認証を行っています。
    エコサートの化粧品認証の基準には2種類あり、「ナチュラル&オーガニック化粧品」は全植物原料中オーガニック原料の割合が95%以上、「ナチュラル化粧品」は全植物原料中オーガニック原料の割合は50%以上などと決められています。エコサートの品質基準は、たいへん厳しいものです。
    たとえば、配合のオーガニック原料は、土づくりから管理される厳しい基準をクリアした、オーガニック認証原料でなくてはなりません。
    また、中身だけでなく、製造工程においても、石油系原料を使用していないか、地球環境に負荷をかけていないかなど、細部に至るまで厳しくチェックされます。

    ドゥーオーガニックは、これらの基準をすべてクリアし、全品、エコサート「ナチュラル&オーガニック化粧品」の認証を取得しました。
  • エコサート(ECOCERT)とは?

コスメビオ(COSMEBIO)とは?

  • コスメビオ協会COSMEBIOは、フランスのエコロジカル・オーガニック化粧品の協会で、原料サプライヤー、製造業者、化粧品研究所、流通業者などで構成されています。欧米においてコスメビオ協会のロゴマークは“本格的なオーガニック化粧品”を意味しており、曖昧なナチュラルコスメとは一線を画しています。ドゥーオーガニックは、コスメビオ協会に加盟、「コスメビオマーク」を取得しました。製品へのロゴの添付により、確かなオーガニック化粧品としての明確な違いが証明されます。
  • コスメビオ(COSMEBIO)とは?

なぜオーガニック認証が必要なのでしょうか

オーガニックをうたう化粧品は数多くありますが、現在のところ、日本ではオーガニック化粧品の基準はありません。たとえば、石油系原料で作られている化粧品の中にほんのわずかにオーガニックのエキスを入れただけで“オーガニック化粧品” などと標榜しているケースもあります。
このような中、お客様が、オーガニックの植物原料を積極的に用いている安全なオーガニック化粧品をきちんと選べるように、オーガニック認証制度が求められました。そして、環境にも配慮している化粧品メーカーをサポートするために、代表的な機関であるエコサートの「ナチュラル&オーガニック化粧品」の認証基準や「コスメビオマーク」が生まれました。

原料、製造工程、製造等厳しい基準を満たしたオーガニック化粧品としてエコサートを認証


はじめての方へ