キレイを引き出す素材のはなし|梅

ドゥーオーガニックは、日本の女性の美しさを引き出す素材を丁寧に見つけるところからはじまりました。今までの化粧品の概念にとらわれず、日本に馴染みのある植物や日本の文化と通ずる素材を根気よく探し、とことん研究し取り入れる。その冒険的とも言える試みが、今のドゥーオーガニックを作りだしました。決して簡単とは言えない〝宝探し〟の中で、わたしたちが出会った素材について、ほんの少しご紹介します。

品種のこと

品種 被子植物 バラ目 バラ科 サクラ属
原産地 和歌山

素材のこと

梅

梅は中国原産の植物で、日本では奈良時代以前に植栽されていました。鎌倉時代あたりからは薬のひとつとして重宝され、「梅はその日の難逃れ」ということわざが現代にも残っています。また、梅に含まれるクエン酸は、疲れの原因となる乳酸を抑える働きがあるとも言われています。
古来から、梅の花の気品ある色と香りを鑑賞する習慣があり、万葉集では梅の花を題材とした多くの歌が読まれています。日本では、身体によいものとしても、心安らぐものとしても、長く愛されている植物です。

do organicとの出会い

古くから食べ継がれてきた日本の伝統食材に注目した中で出会った梅は、米と黒大豆の成分を組み合わせてドゥーオーガニックが独自開発した「穀物保湿成分」に対して、肌が美しくなろうとする力を支える副原料としての役割を果たしてくれる素材です。日本食でも、米、豆、梅の食材の相性がいいように、お肌にとってもこの素材は好相性なのです。

原料のこと

原料として使っているのは、梅の原産地として名高い和歌山県の梅から抽出した梅果実エキス* 。梅果実エキス*は、透明感とハリのある健やかな肌へと導いてくれることを期待して製品に取り入れています。
昔から薬として多くの人に信頼されてきた梅は、今では日本女性の肌をも健やかに整え、心身を豊かに保つための手助けをしてくれているのです。

* 保湿成分

Illustration by:Mariya Suzuki

PAGETOP