肌おもいのこだわりツール。<br />一度使ったら忘れられない、24枚重ねのオーガニック コットン パフ。

「触れる」がもたらす幸せ。
肌への心地よさこそ、スキンケアの原点です。

「皮膚は第三の脳」と言われているのをご存じですか?肌が合う、なんて表現もあるように、もともと肌への感触をとても大事にしてきた私たち日本人。
スキンケア=肌をお手入れすること。ドゥーオーガニックではスキンケアコスメの使い心地はもちろんですが、それを補うスキンケアツールにもこだわりぬいて作っているんです。中でも隠れた人気アイテムとなっているのが、100%オーガニックコットンを使った「オーガニック コットン パフ」。肌当たりはもちろん、さまざまな使い方ができるブランド自慢のスキンケアツール。

ごく薄いオーガニックコットン24枚重ね

「一度使ったらもうほかのコットンに浮気できない!」なんて声も頂いているんです。
コットンを手に取ると、まず感じるのはやわらかさとナチュラルな色合いです。そのヒミツは”原綿そのまま”というドゥーオーガニックのこだわり。手間ひまかけて有機栽培した良質なオーガニックコットンを使い、漂白などの化学薬品処理を行わず、自然な風合いを大切にしました。羽のように軽い極薄コットンを24枚重ね合わせて1枚のパフに仕上げているから、ふんわりと空気を含んでうっとりするような肌触り。驚くほどやわらかくて肌へのフィット感が違うんです!
一度使ったら手放せないスキンケアの名脇役、ドゥーオーガニックの「オーガニック コットン パフ」をご紹介します。

保湿上手になれる正しい持ち方とは?
大判のメリットを生かして効率よくしっとり肌に。

まず覚えたいのが、コットンの持ち方。まんべんなくパッティングしてしっかり保湿できる、おすすめの持ち方をご紹介します。
コットンを横長の向きで指先にのせ、中指と薬指を覆うようにして、人差し指と小指で挟みます。中指と薬指の先がコットンから出ないようにしましょう。これが基本の形です。(コットンには繊維の向きがあって、横長に持つことで指と繊維の流れる方向が垂直になります。)この持ち方のメリットは、しっかりとコットンをホールドできること。もともと毛羽立ちにくい設計のコットンですが、しっかりとホールドすることで摩擦が抑えられ、より負担をかけずにケアすることができるんです。中指と薬指の2本で広く平らな面を作ることができるので、頬や額にフィットさせやすく、ムラなく肌にうるおいを届けることができるんですよ!

基本的なコットンの持ち方

パッティングは強くたたきつけるのではなく、ごくごく軽いタッチで。強い摩擦は肌に負担がかかってしまうので、こするのではなく細かく弾ませるように、まんべんなくパッティングしましょう。
パッティッングの途中で、もしもコットンの毛羽立ちを感じてしまうなら、コットンに含ませるローションの量がちょっと少ないのかもしれません。中指と薬指で作った平らな面に適量を均一に含ませるのがコツですよ!

最後まで賢く使えるふんわり肉厚仕様。
肌乾きをケアするコットンパックは密着感がカギ!

やわらかで厚みのあるドゥーオーガニックのコットンは、横にも縦にもググッと引き伸ばして形を自由自在に変えられるから顔全体のローションマスクとして活用できますよ!
やり方はとても簡単!2枚のコットンにローションをつけてひたひたにしたら、2枚とも半分に裂いて、合計4枚のコットンを作ります。フェイスラインまでしっかり覆える大きさになるよう、コットンを伸ばして形を整えましょう。おでこは横長に、頬は縦長に、あごは薄く裂いた1枚を縦半分に折りたたんで細い長方形にするとちょうどぴったり。2枚のコットンが顔全体を覆えるマスクに早変わりします。


薄く裂いたコットンは顔の曲線に沿ってぴたりと密着するから、肌をローションでしっかり包み込むことができますよ。ひたひたのマスクで5~10分ほどパックすれば、ローションがすみずみまでなじんでモチモチの肌に。
肌にダイレクトに当たるものだから、ツールにもぜひこだわってほしい。ふんわりやわらかな100%オーガニックのコットン パフで、みなさんのスキンケアタイムがますます心地よいものになりますように。

PAGETOP