朝と夜で使い分ける <br />「マイルドウォッシングケア」で <br />トラブル知らずの夏肌に。

想像以上に過酷な夏の肌。
キレイを育む基本ステップ、
クレンジング&洗顔を見直してみませんか?

ジメジメの梅雨を過ぎるといよいよ夏本番。すっきり晴れた日のレジャーや、涼を楽しむ夜のお出かけなど、夏ならではのイベントが盛りだくさんですね。
思う存分楽しみたいところですが、夏は肌にとって過酷な季節紫外線はもちろん、高温多湿で汗や皮脂が増えたり、エアコンの乾燥など肌は夏特有のさまざまな負担に常に囲まれて、過酷な環境を過ごしています。

保湿をして肌をいたわっていてもなんだか調子がすぐれない、そんな時、着目すべきは毎日の肌のリセットです。与えたうるおいをきちんと受け取ることのできる、キレイの土台作り「洗うケア」をあらためて見直してみませんか
今回はこの季節だからこそ、いつも以上にこだわりたいクレンジング&洗顔についてお伝えします。

うるおいはキープ、不要なよごれはオフ。
いたってシンプル、だから
大切なのはていねいなクレンジング&洗顔を心がけること。

汗や皮脂に空気中のホコリなどが付着してよごれやすい夏の肌。紫外線対策のために日やけ止めをたっぷり塗ったり、くずれを防ぐためにメイクもつい厚くなりがちな季節です。でも、そんな負担をすっきり洗い流したくてゴシゴシと洗いすぎるのはNG
肌がベタついていると気づきにくいものですが、この時期の肌は強い紫外線の影響で敏感に傾いています。水分不足に陥っていたりゴワつきや肌あれを抱えていることもあるので、トラブルが加速しないよう、やさしく洗い流すことが大切です。

化粧水や乳液にはこだわっているのに、クレンジングや洗顔は“なんとなく”だったりしませんか
理想はうるおいは残しながら不要なよごれをしっかりオフすること。簡単なようでいて意外とできていないことも多いんです。強すぎるゴシゴシ洗いは乾燥やゴワつきを招きますし、逆にきちんと洗えていない肌はよごれが蓄積してくすみや肌あれなどさまざまなトラブルにつながることも。
キレイの第一歩は、朝と夜それぞれの「洗うケア」を丁寧に行うこと。その後のスキンケアの効果を最大限活かすためにも、肌を傷めずにクリアな状態に導く洗うケアをマスターしましょう!

朝と夜、それぞれの肌にマッチした
「マイルドウォッシングケア」で
負担をかけずに肌をクリアに。

朝の肌と夜の肌は、落とすべきよごれの種類や肌環境が異なります。夜は日やけ止めやメイクのよごれをしっかり落とすこと、朝は寝ている間にかいた汗や皮脂を落とすことが大切です。夜と朝それぞれの目的に合ったアイテムを選んで、上手に「洗うケア」を実践しましょう


誤解されがち!?
「ナチュラルメイク」なら
クレンジングは不要?

濃いメイクはクレンジングで落とすもの、薄づきメイクなら洗顔だけで十分と思っていませんか
クレンジングと洗顔料は洗浄の目的が異なるアイテムです。メイクの成分としっかり混ざり合って落とせるのはクレンジングだけ。メイクをきちんと落とさないと空気中のよごれや肌の皮脂を吸着して酸化し、その結果シミやくすみの原因になったり、毛穴にメイクよごれが詰まって肌トラブルの元になったりします。ナチュラルなメイクでも、その日のうちにきちんとクレンジングを使ってオフしてくださいね。

日やけ止めだけの日でも
クレンジングが必要なことも。
その日のよごれを残さないことが
明日の美肌につながります。

夏の必須アイテムといえば日やけ止め。メイクした日はしっかりクレンジングしているけれど、日やけ止めだけしか使っていない日は…? ちょっと迷ってしまいますが、こんな時もクレンジングが必要なこともあります。日やけ止めやUV乳液の中には、洗顔料だけでは落としきれないものもあるので、お使いのUVアイテムを確認してみてくださいね。

メイクよごれや日やけ止めの成分の洗い残しは、肌の負担になりトラブルの原因にも。落ちにくいメイクや日やけ止めはしっかりとオフしつつうるおいはちゃんと守りたい、そんな夜のクレンジングにはドゥーオーガニックのクレンジング リキッドがおすすめ。

ダマスクローズウォーターベースのさらりとしたテクスチャーで、なでるようにやさしく肌に伸ばすだけで、毛穴やキメまで瞬時になじみます。ベタつきがちな夏のメイクも皮脂よごれもすばやく浮かせて落とせるから、疲れて早く眠りたい夜でもささっとワンステップでOK。すっきりした気分でおやすみできますよ。

ゴシゴシ洗いもダブル洗顔も不要!
つるりん素肌にリセットできる
「なでるだけクレンジング」。

肌に負担をかけずによごれをきちんとオフするには、クレンジング リキッドの使用量がポイントです。
量が少なすぎるとメイクとのなじみが悪くなって、どうしても肌をこすりがちに。よごれを完全に浮かしきれずに、肌にメイク成分が残ってしまう原因にもなります。逆に、たっぷり使いすぎると、必要なうるおいをうばいすぎて負担になってしまうことも。

適量は2~3プッシュ。顔全体にやさしく伸ばし、くるくるとらせんを描くようにしてメイクとなじませていきます。圧をかけなくても大丈夫。ドゥーオーガニックのクレンジング リキッドは落ちにくいメイクもスピーディにオフできる洗浄力が特長だから、ゴシゴシ洗いは必要ないんです!指先で軽く触れるようにスルスルとすべらせるだけで、濃い口紅もアイメイクもじわっと溶け出すのが実感できるはず。オイルを使わない水ベースのクレンジングなので、まつげエクステ派の人もお使いいただけますよ。

メイクが浮いてリキッドとなじんだら、水かぬるま湯ですっきりと洗い流して完了です。こすらず落とせて、つるつるしっとりの洗い上がり。
ダブル洗顔いらずで、これだけでクレンジング&洗顔が終了できる手軽さもメリットです。濡れた手でも使えるからお風呂に入るついでに、ささっとクレンジング&洗顔できちゃうのも、時短派の方に大好評の理由。暑さでお疲れ気味のシーズンだからこそ、肌への負担も手間も最小限に抑えた機能派クレンジングが強い味方になりますよ。

オーガニック コットン パフ

クレンジング リキッド <化粧落とし>
厳選した植物由来の洗浄成分で、肌に必要なうるおいは残しながらメイクやよごれはスムーズにオフ。しっかりメイクもこすらずに、一度のクレンジングでしっかり落とせるから、肌が敏感に傾く季節でも毎日心地よく使えます。
▶商品詳細はこちら


実は肌にやさしくない?
朝の「水・ぬるま湯だけ洗顔」が
おすすめできないワケって?

夜にしっかり洗っているし、洗いすぎると乾燥してしまうから…と朝は水だけ・ぬるま湯だけで洗顔という方もいるかもしれませんね。一見、肌にやさしく感じますが、これはあまりおすすめできません。 夜寝ている間にも汗や皮脂は分泌されています。特に分泌量の増える夏は、汗や皮脂をきちんと洗顔料で落とすことが大切です。よごれも気になるけれど、乾燥もしやすい夏の肌。そんな朝の洗顔におすすめなのは、余分な皮脂やよごれだけを洗い流す洗浄成分と、たっぷりの保湿成分にこだわったドゥーオーガニックのウォッシング ムース。ポイントはふわふわのホイップみたいな泡。たっぷりの泡で肌を包み込むことでよごれを吸着しやすくなり、さらに泡のクッション効果で肌への摩擦も抑えられるという肌へのやさしさが特長です。

密着泡で朝のテカりをやさしくオフ。
肌トラブルのタネを残さないよう、
すすぎ残しやすいゾーンにご注意を。

顔を濡らしてから、ポンプ3プッシュの泡を手に取って、まずはテカりの出やすいTゾーンから洗っていきましょう。額の中心に泡を乗せて、外側に向かってくるくると泡を転がすように伸ばして洗います。よごれがたまりやすい小鼻の脇は、くぼみに隙間なく泡が入り込むよう丁寧に。 泡で全体を包み込んだら、ふわもこ泡の弾力を使って軽くマッサージしてください。

洗顔料の使い方も大切ですが、さらに気をつけたいのがすすぎ残し生え際フェイスライン目のまわりの細かいくぼみなど、すすぎ残し要注意ゾーンは特に念入りに。ぬるつきが残っていないかチェックしてくださいね。

丁寧に泡を落としたあとの肌は、うるおいをたたえたふっくらもちもち素肌に。ダマスクローズ、ゼラニウム、パルマローザなどみずみずしく華やかなオーガニックローズが香る泡洗顔なら、爽やかに朝のスイッチが入れられそうですね。

ウォッシング ムース

ウォッシング ムース <洗顔料>
ハチミツや甘草根由来エキス*1など、保湿成分にこだわったしっとりタイプの泡洗顔。ポンプをプッシュするだけで、手間をかけずに濃密なふわふわ泡が作れるから、忙しい朝の洗顔にぴったり。
▶商品詳細はこちら

 

洗顔は肌の調子を左右するスキンケアの大事なステップです。
よごれはきちんと洗い上げながら、うるおいを奪いすぎないドゥーオーガニックの「マイルドウォッシングケア」朝晩のクレンジング&洗顔で与えたうるおいをきちんと受け取ることのできる、キレイの土台作りをしましょう。
暑さや紫外線の中毎日頑張っている肌を上手にリセットして、思い切り夏を楽しんでくださいね!

 

*1 グリチルリチン酸2K

PAGETOP