酷暑を乗り越えた肌をやさしく労わる <br />「ツヤ×ハリコンビケア」で <br />秋の美肌を目指しましょう。

初秋はキレイの分かれ目。
夏の疲れが蓄積した肌に
ひそむトラブルとは?

暑さはまだまだ厳しいですが、日が暮れると時折涼しい風が吹いたり、虫の音が聞こえてきたり…夏に秋の気配が混じる、そんな季節です。
少しずつ過ごしやすくなりますが、肌の疲れは、実は今がピーク。毎日の紫外線、強い日やけ止め、エアコンの乾燥、過剰な汗など、夏の過酷な環境を耐えてきた肌は今やヘトヘト状態。ダメージはひと夏でどんどん蓄積し、秋になるとそれが肌トラブルの原因になることも。なんだか最近くすみや肌のゴワつきが気になりだした、なんて方も多いかもしれませんね。
秋になるとなんとなく肌がくすんだように見えるのは、日やけの影響だけではないんですよ。夏の間中、紫外線や乾燥から防御するため頑張り続けた肌は、気づかないうちに古い角層が蓄積し角層が厚くなっています。厚い角層のせいで水分が内側*1まで届きにくくなり、肌はさらに固くゴワつくという悪循環に。これが夏の終わりの肌のくすみ*2、ゴワつきの正体です。

夏のダメージは持ち越さない。
めぐりを整えて
乾燥くすみをケアしましょう。

肌は一定の周期で生まれ変わっています。そのサイクルが正常であれば多少のダメージにもゆらがずに、健やかな状態を保つことができます。ところが夏は強い紫外線、冷房による乾燥、寝苦しさで睡眠の質が下がるなどさまざまな要因が絡み合ってターンオーバーのサイクルが乱れがちに。このまま放置しているとダメージを受けやすい状態が進み、これから来る乾燥の季節に肌トラブルの原因となってしまうかもしれません。
夏の終わりは肌のターンオーバーに着目して、古い角層をオフする肌表面のケアと、疲れた肌にハリを与える内側*1のケア、両面からしっかりお手入れをして健やかな状態にすることがポイントです。

なめらか、ふっくら肌に導く
「ツヤ✕ハリコンビケア」で
秋の肌に弾みをつける!

夏から秋へ、季節の変わり目にぴったりなのがドゥーオーガニックの「ツヤ✕ハリコンビケア」。厚くなった角層をつるんと磨いたところへみずみずしいハリを届けるこのケアは、本格的に乾燥しはじめる前の、今の時期に行うのがコツ。肌のターンオーバーを整えておくことは、夏のダメージケアと次のシーズンへの肌支度の両方を兼ね備えているんです。
秋の美肌を目指すために、さっそく取り入れてみてくださいね。

【STEP1:マッサージ バッグでツヤケア】
米ぬか*3&クレイ*4の「しっとり磨き」で
古い角層をオフして透明感アップ!
まずは基本の使い方をマスターしましょう。

マッサージ バッグを水かぬるま湯にひたしてご準備を。指でよく揉みほぐして、細かいパウダーが入ったバッグの芯までたっぷりと水分を含ませてくださいね。バッグが少し泡立って、耳たぶくらいの柔らかさになったらOKの合図です。

バッグの底面を平たく整えて、まずはおでこ、頬など顔の広い面からマッサージしていきましょう。肌に軽くあてたら、すべらせるようにやさしくクルクルと動かします。

バッグの中身は国産有機米ぬか*3や国産クレイ*4などのきめ細やかなパウダー。それを丁寧に織り上げた柔らかなオーガニックコットンできゅっと包み込んでいます。肌の上をすべらせるだけで、夏の間に溜まった古い角層や皮脂よご汚れをするんとやさしくからめとってくれますよ

形を変えれば凹みにぴったりフィット。
よごれがたまりやすいでこぼこゾーンも
丁寧に磨いてザラつきをクリアに。

古い角層と皮脂やよごれが混ざってできてしまう角栓。はじめは白っぽいポツポツが、酸化すると黒ずんだ状態になることも。皮脂の分泌がさかんで、紫外線の影響で角層が厚く固くなりやすい夏は角栓ができやすい季節ともいえます。Tゾーンはもちろん、洗顔の時に洗いにくい小鼻脇などの凹凸の部分は角栓の要注意パーツですよ。
顔の曲線に合わせて自由に形を変えられるのが、このマッサージ バッグのいいところ。先端をきゅきゅっとつまんで細長く整えれば、よごれや角栓が溜まりやすい小鼻や唇下にもぴったり沿う形に。

今度はバッグを細かくクルクルと動かしてくぼみを丁寧にマッサージしましょう。マッサージは顔全体を60~90秒ほどでOK。水またはぬるま湯でよくすすいだら、よごれやザラつきがとれてつるんとなめらか
夏に積み重なった古い角層やよごれをすっきり洗い流して、透明感のある肌に導きます

マッサージ バッグ <マッサージ料>

マッサージ バッグ <マッサージ料>
米ぬか*3のソフトなスクラブ感と、よごれを吸着するクレイの*4働きで、角層ケアと毛穴ケアをワンステップで叶えるマッサージボール。ゴワついた夏の肌をつるんと磨きながら、コメ胚芽油などの保湿成分で洗い上がりはしっとりなめらか。
商品詳細はこちら

【STEP2:パワー セラム Vでハリのケア】
角層ケアのあとは
スキンケアの通り道が開通!
濃密ジェルでつややかなハリを与えましょう。

古い角層やよごれが取り除かれた肌は、その後のスキンケアをすんなりと受け入れやすい状態に。このチャンスを逃さず念入りにケアして、さらに美肌へとつなげましょう。まっさらに磨かれた肌にぜひ使っていただきたいのが、パワー セラム V。みずみずしいジェルタイプの美容液だから、重いケアがちょっと億劫なこの時期も心地よく使えますよ
マッサージ後の肌を化粧水で整えたら、パワー セラム Vをポンプ1~2プッシュ手のひらにとり、顔の中心から外側、下から上になじませます。

フェイスラインに沿ってあごから耳の下に向かってぐっと引き上げるようになじませるのがハリ感アップのコツ。最後に耳の下あたりを軽くプレスして仕上げを。有機カラスムギエキス*5有機アルガンオイル*6など植物の恵みをぎゅっと閉じ込めた濃密なジェルが、酷暑でお疲れ気味だった肌にぷるんとつややかなハリを与えてくれますよ。

パワーセラム V <美容液>

パワー セラム V <美容液>
肌のハリをサポートする植物成分を独自の黄金比でブレンド。うるおいのベールが肌にピンとしたハリを与え、紫外線ダメージ*7で乾燥した肌をふっくらと整えます。
商品詳細はこちら

季節のダメージを持ち越さないのが美肌の秘訣。乾燥が進むこれからのシーズンにそなえて、くすみ*2やゴワつきは取り除き、うるおいが行き届きやすい肌環境を整えておきたいですね。
ドゥーオーガニックの「ツヤ✕ハリコンビケア」が、理想の肌で秋を迎えるお手伝いをします。

 

*1 角層まで

*2 古い角層の蓄積によるくすみ 

*3 コメヌカ(スクラブ成分)

*4 タナクラクレイ(スクラブ成分)

*5 カラスムギ穀粒エキス(保湿成分)

*6 アルガニアスピノサ核油(保湿成分)

*7 乾燥によるダメージ

PAGETOP