本格乾燥シーズンに向けて <br />美肌の土台を再構築!<br />毎日の「うるおい肌磨きケア」がおすすめです。
  • 本格乾燥シーズンに向けて <br />美肌の土台を再構築!<br />毎日の「うるおい肌磨きケア」がおすすめです。
  • COLUMN

    本格乾燥シーズンに向けて
    美肌の土台を再構築!
    毎日の「うるおい肌磨きケア」がおすすめです。

    2019.09.30

    関連キーワード:

秋は美肌のターニングポイント。
季節の変わり目、お手入れのポイントって?

だんだんと、爽やかな風が吹いて過ごしやすい季節になってきましたね。食べ物も美味しくておしゃれも楽しい秋ですが、お肌にとっては乾燥シーズンが始まる季節。特に今年の厳しい夏を過ごした肌は、そろそろ疲れが見え始める頃ではありませんか?
日本の四季はとても美しいといわれますが、そのぶん季節ごとに肌をとりまく環境はがらっと変わります。紫外線や高湿度で悩まされた真夏から一変して、空気も乾燥し秋の長雨など気候の急変も多い時期。ただでさえ肌の状態が不安定になりがちな時期なのに、冬に向けて本格的な乾燥シーズンも到来します。まずは環境の変化に揺らがない安定した肌状態を維持することと、乾燥シーズンに向けてお肌の土台を整えるのが今の時期のスキンケアの課題です。

落とす→補う、に着目!
季節に適したアイテムをチョイスすれば
いつものお手入れもスペシャルケアに。

とは言え、今のお手入れにさらにプラスαするのは手間も時間もかかるし…。毎年この時期の季節の変わり目によく耳にするお悩みです。そんな時におすすめしたいのが、いつものスキンケアアイテムをその時期の肌に適したアイテムにシフトしてみること。
厳しい夏を過ごした肌は日やけでキメが乱れてくすんだり、エアコンの乾燥によるカサつきが目立ち始めたり、余分な老廃物が肌に蓄積している状態。まずはこの余分なものをすっきりと洗い流す、「落とすケア」に着目した洗顔アイテムを。
さらに秋口の乾燥や身体の冷えでめぐりが乱れてきた肌にうるおいと元気を与える、炭酸乳液での「補うケア」を加えましょう。
毎日のケアである洗顔と保湿、この2つのお手入れを季節の変わり目に相応しいアイテムにシフトするだけだから、かかる手間と時間はいつも通り。今回は秋口の肌に負担をかけることなく、透明感のある肌に導くためのケアをご紹介。ドゥーオーガニックのマイルドスクラブ石けんと炭酸泡乳液が、季節の変わり目の強い味方ですよ!

正しい肌リズムに着目した
「うるおい肌磨きケア」で
自信がもてる秋肌に。

肌がゆらいでいる時こそ、落とすことと与えることをバランスよく両立させることが大切です。土台から整えて必要なうるおいがきちんと届く肌へ。ドゥーオーガニックの「うるおい肌磨きケア」で、ダメージを抱えるこの時期の肌を輝く秋肌に導きましょう。

【モイスチャー バー】
まずはソフトなスクラブ洗顔効果でやさしく肌磨き。
摩擦の少ないモコモコ泡で
うるおいが届きやすい肌に!

ダメージが蓄積した肌は柔らかさを失って固くごわついた状態。だからといって、なめらかにしようとゴシゴシ洗うのはNGですよ。バリア機能が乱れて敏感になっていることもあるから、肌を摩擦しないようやさしく洗うことが大切です。しっかりと弾力のある泡を仕立てましょう。手早く作るなら泡立てネットがおすすめですが、ネットがなくても大丈夫。簡単にモコモコの泡が作れますよ。

手をぬらして手のひらに石けんをとり、軽く泡立てます。あとはその泡をベースにしてモコモコに増やしていきましょう。手のひらをくぼませて受け皿にしたら、反対の手の指先で空気を含ませるように泡立ててボリュームを出していきます

ときどき水分を足しながらホイップするように繰り返していると、こんもりとした弾力泡に仕上がりますよ。泡立てが足りないと立ち上がりのない弾力感のない泡に。泡がふんわりモコモコになるまで、たっぷりと泡立てて下さいね。

こんもりと仕立てた泡は弾力があって、とてもクリーミー。しっかりと空気を含んでいて泡の密度が高いから、洗顔のときもつぶれることなく、肌を摩擦から守り、やさしく洗うことができるのです。

弾力泡なら、肌をこすることなく洗顔可能!

ドゥーオーガニックのモイスチャー バーは泡立ちのよさはもちろん、泡切れや泡の質にもこだわった一品なんです。きめ細かい良質の泡の中には、ソフトなスクラブ効果を発揮する米ぬか*1がたっぷり。紫外線の影響で厚くなった角層をやさしく磨き上げます。穀物*2や黒砂糖*3のうるおい成分が配合されているから、乾燥が気になるこれからの季節も肌をいたわって洗うことができます。スクラブと聞くと肌への刺激が心配になるかもしれませんが、モイスチャー バーはごく微粒子の米ぬか*1で洗いあげるから、肌を傷つけることなく毎日お使いいただけるスクラブソープなんですよ。

くぼんだパーツは見落としがちな要注意ゾーン。
洗い残し、すすぎ残しがないよう念入りに。

せっかくのモコモコ泡も、すみずみまで行き届かなくては効果半減です。特に小鼻まわりや唇下口角などのへこんだ部分は毛穴よごれの要注意ゾーン。しっかり洗えていないと黒ずみや吹き出物の原因にもなってしまうので気をつけてくださいね。細かい部分は洗いにくくて、ついつい指先でこすりたくなりますが、泡の弾力を使ってやさしく洗いましょう。くぼみに沿って泡をくるくると転がすように洗うと、余計な摩擦を与えることなくスッキリと洗えますよ。すすぎ残しは肌への刺激となり、肌あれのもと。ぬるつきを残さないよう、すすぎも念入りに行ってくださいね。

モイスチャー バー <化粧石けん>

モイスチャー バー <化粧石けん>
よごれやベタつきをさっぱりと洗いあげ、つるんとなめらかな肌に。すっきり感とみずみずしいうるおいを両立させた石けんは、季節の変わり目の不安定な肌にもやさしい使い心地です。8種の天然精油*4をブレンドしたすがすがしい香りで気持ちまで安らぎます。
商品詳細はこちら

【ブライト サーキュレーター ミルク】
まるでマッサージしたあとの肌みたい!
“めぐり”に着目した炭酸泡のパワーで
肌本来が持つポテンシャルを高めましょう。

洗顔で余分なものをオフしてうるおいが届きやすい環境を整えたら、化粧水・美容液で水分を補給して、泡状乳液でうるおいの仕上げを。ブライト サーキュレーター ミルクは“循環”に着目して作られた、炭酸配合のふんわり柔らかな乳液。なじませるだけで、まるでマッサージしたあとのようないきいきとした輝きが肌に宿ります。季節のダメージでハリや透明感を失った肌を土台から立て直し、うるおいと元気を与えてくれる頼もしい乳液なんですよ。
使う量は顔全体でさくらんぼ1個大くらい。とってものびがいいので、これだけで十分うるおいが行き渡りますよ。まずは乾燥が気になる頬から伸ばしましょう顔の中心から外側にむかってすべらせるだけで心地いい密着感が肌を包みます。

乳液を伸ばすときは、ムラにならないようにご注意を。乳液がムラになっているとそのあとのベースメイクにも影響してしまします。なめらかに均一にのばすコツは、手の使い方。指先でのばすのではなく、指から手のひらにかけての広い面で丁寧にのばすのを意識すると均一に、ぴったりフィット。最後に顔全体を手のひらで包むようにハンドプレスすれば、うるおいがキープされてさらに密着感が高まり、もっちりとしたハリ肌になれますよ。

ブライト サーキュレーター ミルク<泡状乳液>

ブライト サーキュレーター ミルク <泡状乳液>
ふわっとした炭酸入りの乳液は、肌にのばすととろりとしたテクスチャーに変化。肌にぴたっと密着して、疲れた肌をなめらかに包み込みます。乳液としてデイリー使用のほかにも、スペシャルケアの泡パックとしても使える贅沢乳液です。
商品詳細はこちら

季節の変わり目に肌の悩みはつきもの。ダメージは持ち越さず、上手にリセットして新しい季節を迎えたいですよね。負担を極力おさえて肌のターンオーバーに着目したドゥーオーガニックの「うるおい肌磨きケア」で、肌の準備を整えて、秋も輝く美肌で過ごしてくださいね。

 

*1 コメヌカ(スクラブ成分)

*2 加水分解コメヌカエキス・加水分解コメエキス・豆乳発酵液(保湿成分)

*3 保湿成分として

*4 ニュウコウジュ油・ビターオレンジ花油・ローズマリー葉油・ニオイテンジクアオイ油・パルマローザ油・ラバンデュラ・ハイブリダ油・ローレル油・タチジャコウソウ花/葉油(賦香成分)

 

PAGETOP