肌環境に合わせて<br />上手にアイテムを使いこなそう!<br />真冬の「うるおいマネジメント」術。
  • 肌環境に合わせて<br />上手にアイテムを使いこなそう!<br />真冬の「うるおいマネジメント」術。
  • COLUMN

    肌環境に合わせて
    上手にアイテムを使いこなそう!
    真冬の「うるおいマネジメント」術。

    2020.01.08

    関連キーワード:

カサつき、毛穴、乾燥小じわ…、肌の悩みは千差万別。
今の肌にぴったりな“保湿”って?

いよいよ寒さのピークを迎える季節。これからますます空気が乾燥し、いつも以上にうるおいが必要な時期になりますね。真冬も美肌をキープするためには、ただやみくもに保湿するだけではなく、その人の肌タイプに合わせた効率的なうるおいケアが重要ポイントとなります。もともとの肌質はもちろんのこと、冬の肌ダメージも人それぞれ。乾燥で肌表面がカサつく人もいれば、逆にインナードライ傾向が強まるという人もいます。年末年始の忙しさで疲れが溜まって肌が不安定になりやすいから、負担をかけないケアをしたいですよね。
まずは自分の今の肌の状態を認識して、自分に必要なケアを知ることが先決。あなたに適したうるおいケアを、チャートから探してみてくださいね。

▼あなたにぴったりなうるおいケアチャート▼

あてはまるものにチェックを入れて、肌タイプに合わせたうるおいケアを見つけましょう。

A
☐乾燥によるくすみが気になる
☐化粧のりが悪い
☐デイリーケアもスペシャルケアもいっぺんに済ませたい

B
☐日中、外にいる時間が比較的多い
☐保湿をしてもうるおいが持続しない
☐真冬は乾燥によるダメージが気になる

C
☐季節の変わり目に肌がゆらぎやすい
☐メイクくずれしやすい
□乾燥によって肌のキメが乱れやすい

A に☑が多い人は…代謝の乱れタイプ

肌サイクルを整えてくすみ対策を

なんとなく顔色が冴えなかったり、どんよりとして見えることがありませんか?この時期くすみが気になる人は、冬の寒さや乾燥で肌のターンオーバーが乱れているのかもしれません。乾燥が進むと不要な角質が溜まりやすくなって肌が暗くなったような印象になったり、ゴワつきを感じることも。厚くなった角質は化粧のりを悪くさせるばかりでなく、スキンケアでの水分や油分も届きにくくさせてしまいます。またゴシゴシ洗ったり、強すぎるマッサージは肌に負担がかかって逆効果。肌に刺激を与えすぎず、そのうえでしっかりと保湿を行うのがイキイキした明るい肌に導く秘訣です。

B に☑が多い人は…乾燥肌タイプ

乾燥を食い止めてエイジングケア*1

冬はカサつくもの…と思っている方、その乾燥肌は季節のせいだけではない可能性が。肌の乾燥は外的要因だけでなく、もともとの皮脂量や加齢などさまざまな理由で起こってきます。冬になると粉をふくほど乾いてしまう肌は、うるおいが蒸散しやすい、かなりの乾燥体質かも。油分が不足すると肌のバリア機能が乱れて、必要な水分を抱え込むことができない状態に。その結果、ハリや弾力が失われたり、シワが気になりはじめるなどさらなる肌悩みの原因に。肌全体の保湿はもちろん、目もとや口もとなど皮フのうすいところには重ねづけで丁寧に油分をプラスしましょう。エイジングサインが出る前に濃密なうるおいのケアを。

C に☑が多い人は…ゆらぎ肌タイプ

負担の少ない保湿ケアで肌状態をフラットに

日によって肌のコンディションに違いが出やすかったり、乾燥が部分的に起こるという人は、天候や環境の変化のせいで肌が不安定にゆらぎやすい状態なのかも。土台のうるおいが足りない傾向にあるので、一見問題なさそうに思える時でもすぐメイクがくずれてしまったり、急にかさつきやベタつきを感じたりします。外的要因にも、内的な肌ストレスにもダメージを受けにくい肌でいられるよう、まずは肌の基礎力を高めたいところ。贅沢なケアをたっぷりというよりも、自分に合った負担の少ないスキンケアを丁寧に続けることが正しい肌状態への近道です。まずは朝晩の基本のスキンケアを徹底しましょう。

【それぞれの肌タイプのおすすめケア】

「代謝の乱れタイプ」のあなたにおすすめなのは…
◆ブライト サーキュレーター ミルク◆

“美循環*2”に働きかけるふんわり泡状乳液。
気になるくすみ*3には贅沢なパック使いでハリと透明感*5を与えて。

 

【使い方】

1 基本の使い方
炭酸*4入りのとろりとしたテクスチャーが人気のドゥーオーガニックの泡乳液は、つつみ込むようになじませるだけで、肌のめぐりにアプローチしてマッサージしたあとのようにいきいきとした表情に導いてくれる泡状乳液。肌本来が持つ美循環*2に着目し、うるおい補給とハリ感ケアを同時に叶えてくれるアイテムなんです。
驚くほど伸びがいいから、さくらんぼ1個大で顔全体にしっとりとうるおいが行き渡ります。顔の中心から外側に向かってすべらせるようになじませれば、とろけながら肌にぴたっと密着してなめらか肌が完成。仕上げにハンドプレスで密着感を高めるのがうるおい持続の秘訣です。

2 くすみ*3が気になる時は全顔パック
肌に疲れが出てなかなかくすみ*3が抜けない、そんな時はちょっと贅沢なスペシャルケアを。たっぷりの泡を顔全体にのせてパックしてみてください。すみずみまでハリとつやが満ちて、もっちりと弾むような明るい肌が実現!パックのあとは顔から首、デコルテまでのばせば、顔まわりまでつややかなうるおいにつつまれて、年齢が出やすい首元のケアまで一緒にできちゃいますよ。

「乾燥肌タイプ」のあなたにおすすめなのは…
◆エンリッチ クリーム アドバンスト◆

乾燥しやすい肌をつつみ込む濃密なベール。
肌バランスを整えて、健やかな肌を目指しましょう。

 

【使い方】

1 基本の使い方
乾燥スパイラルに陥りやすい肌にはこっくりとしたクリームの保湿力が不可欠です。しっかりとうるおいを補給して乾燥しにくい肌を目指しましょう。エンリッチ クリーム アドバンストは就寝前だけでなく朝のお手入れにも使えるから、乾燥が厳しいこの季節、昼夜を問わず肌に油分の膜を仕込んでおくことができるんです。
使う時は、真珠1粒大を手のひらでよく温めてからなじませるとテクスチャーが柔らかくなり肌への密着度がアップします。乾燥を鎮めたくてもクリームの厚ぬりはご法度です。多くぬれば効果が高まるというわけではないので、適切な量をうすく均一に、もう1枚の皮フを仕込むような感覚で丁寧になじませてあげてくださいね。

2 目もとに重ねぬり
気をつけたいのは、目もとや口もとなどデリケートな部分。顔の中でひときわ皮フがうすく、皮脂の分泌量も少ないので乾燥の影響がダイレクトに現れてしまうパーツです。うるおいの重ねづけでハリと弾力を保ちましょう
指先にクリームを少量とったら、肌を引き上げるようにピンと張って丁寧にうるおいを入れ込みます*6。このひと手間で細部までつやが宿って、華やいだ表情に!

「ゆらぎ肌タイプ」のあなたにおすすめなのは…
◆オプティマイジング ミルク リペア◆

ダメージに敏感なゆらぎ肌に寄り添う軽やかミルク。
キメが整い、みずみずしさあふれる肌に。

 

【使い方】

保湿はスキンケアの基本とはいえ、肌がゆらいだ状態ではできるだけ負担をかけないことが大切。まずは敏感に傾いた肌をやさしくうるおいで満たすケアがおすすめです。オプティマイジング ミルク リペアは重さを感じさせないさらりとなめらかな使いごこちの乳液水分と油分をバランスよく届けてゆらぎがちな肌を整えます。
ポンプ1~2プッシュ分のミルクを手にとったら、圧をかけず指の腹ですべらせるように顔全体にのばします。仕上げはうるおいの浸透*6と密着感を高めるハンドプレスを。手のひらでやさしく顔をつつみ込んで終了です。丁寧な乳液ケアを朝晩続けて、うるおいをたたえた乾きにくい肌を目指しましょう。

ひとくちに保湿といっても、肌への作用やテクスチャーなどそのタイプはさまざま。肌の状態や気候の変化に合ったうるおいアイテムを上手に使いこなして、ベストな保湿で真冬の乾燥を乗り切ってくださいね。

ブライト サーキュレーター ミルク<泡状乳液>

ブライト サーキュレーター ミルク <泡状乳液>
ホイップクリームを思わせるふんわり感触の炭酸*4泡ミルクに、穀物や黒大豆、梅果実から抽出した保湿成分*7をバランスよく配合。肌にぴたっと密着して疲れた肌をなめらかに包み、キメを整えます。摘みたてローズのような甘く爽やかな香り。
商品詳細はこちら

エンリッチ クリーム アドバンスト<保湿クリーム>

エンリッチ クリーム アドバンスト<保湿クリーム>
バリア機能に着目し甘草根由来エキス*8と柚子エキス*9を配合。肌を整えて肌あれを防ぎます。国産の米胚芽油や有機アルガンオイル、有機アボカドオイルなど5種類の植物オイル*10成分がベールとなってうるおいをキープし、冬の乾燥刺激から肌を守ります。
商品詳細はこちら

オプティマイジング ミルク リペア<乳液>

オプティマイジング ミルク リペア<乳液>
乾きやテカりが混在するゆらぎやすい肌におすすめのエアリーミルク。独自の穀物保湿成分*11に加え、有機ヤナギランエキス*12、有機オレンジ果実水*13などのみずみずしいうるおい成分をぎゅっと閉じこめました。肌への保湿をサポートしながら、浸透*6したあとはベタつかず、さらりとなめらか。
▶商品詳細はこちら

 

*1 年齢に応じた、化粧品によるお手入れ

*2 過剰なメラニンや不要な角質を押し出しながら、肌細胞が正常に生まれ変わること

*3 乾燥やキメの乱れによるくすみ

*4 噴射剤

*5 保湿によるもの

*6 角層まで

*7 加水分解コメヌカエキス、加水分解コメエキス、豆乳発酵液、ウメ果実エキス(保湿成分)

*8 グリチルリチン酸2K(保湿成分)

*9 ユズ種子エキス(保湿成分)

*10 コメ胚芽油、アルガニアスピノサ核油、アボカド油、オリーブ果実油、シア脂(保湿成分)

*11 加水分解コメヌカエキス、加水分解コメエキス、豆乳発酵液(保湿成分)

*12 エピロビウムフレイスケリエキス(保湿成分)

*13 オレンジ果実水(保湿成分)

 

PAGETOP