香りと家で過ごす豊かな時間が、私を整えてくれます・大日方久美子さん<後編>

第44回目は、前回に引き続き大日方久美子さんにお話を伺います。忙しい毎日の中、自分を整えて癒してくれるもの、理想の女性像などについて語っていただきます。大日方さんの凛とした佇まい、内面の美しさのルーツは、“自分を愛すること”にありました。

私を整えてくれるのは、香りと家で過ごす豊かな時間

ー お忙しい毎日でも、気持ちを整えるために取り入れていることはありますか?

大日方さん:

生活の中で、香りはとても大事だし、必要です。いつもお気に入りの香りの精油を持ち歩いていて、気持ちが上げたい時、落ち着かせたい時、旅先でリラックスしたい時など、時々に合わせて香りのパワーを借りています。香り(嗅覚)は、脳に直結していて記憶されるそうなんです。だから「この香りを嗅ぐと私は落ち着く」ということが記憶でわかっているので、普段の生活はもちろん、旅先や飛行機の中で落ち着かない時も、いつもの香りを嗅げば家でくつろいでいるような気分になり、心が落ち着く気がします。

ー 上手に香りを取り入れてご自身を整えていらっしゃるのですね。ご自宅ではどのように過ごされていますか?

大日方さん:

自宅ではキャンドルを焚いて、リラックスしたり、元気を出したりと香りで癒されています。いい香りに包まれてソファでのんびりするのは最高の時間。年齢を重ねるにつれ、自分なりの心地よさを大切にするようになってきました。外でどれだけ着飾って華やかにしていても、家で自分を労らずにだらっと過ごしていたら意味がないなと思うんです。家でどれだけ豊かに過ごせているかが大事。そうすると不思議と外ではあまり着飾らなくなって、これまで以上にシンプルなスタイルが好きになりました。

ー 香りを取り入れたり、家で豊かな時間を過ごしたりすることで、気持ちにも変化があったのですね。

大日方さん:

これまで外側を向いていた意識が、今は自分の内側に向いています。どんなことも自分の中に問題点があると思うし、超えるべきは、過去の自分。比べるのは、他人とではなく過去の自分なんです。何か嫌なことがあったとしても、なぜ自分はそう感じたのか、何が嫌だと思ったのか、どう克服したらいいのか、すべて自分に問いかけるようになりました。

まずは、両手で自分を大切に守って愛してあげたい

ー そういった暮らしが素敵な笑顔にも繋がっているのですね。理想とする女性像を教えてください。

大日方さん:

マザーテレサのように愛をもって生きることに憧れを持っています。今はまだすべての人に愛を与えることは無理だけど、いつか一歩でも彼女に近づけたらと思っています。まだ今は自分に意識を向けるだけで精一杯。自分を愛してあげることが何より大切で、それを左手でやっているうちはまだダメなのだそう。左手で自分を癒しながら、右手だけで相手は癒せない。両手で自分を大切に守って愛してあげて初めて、両手で人を愛せると思うんです。

ー 人を愛する前に、まずは自分を愛することが大切なのですね。

大日方さん:

最近やっと“自尊心“の意味がわかったんです。自分を尊いと思う心を持って初めて、人にも優しくできるんだなと。自分の人生を尊いと思えない人は、他人を傷つけてしまう。そういう人ほど愛してあげないといけないし、愛することで変わると気づきました。昔は自分のことを責めてしまう癖があったけど、自分のことは自分しか守れないのだから、小さなことでも褒めてあげるようにしています。

効果を感じられると、スキンケアの時間がもっと楽しいものに

ー スキンケアで大切にしていることを教えてください。

大日方さん:

友人から、「メイクはすぐに終わるのに、スキンケアの時間は長いよね」とよく言われるくらい、時間をかけてしています。まずメイクやよごれをきちんと落とすことにこだわっています。そして古い角質をきちんとオフ。土台を整えてから化粧水をたっぷりと。顔のマッサージはプロに任せて、自分では頭皮のマッサージを毎日シャンプーの時にしっかりしています。頭皮は顔の皮膚とも繋がってるので、いつも柔らかく保つように心がけています。

ー 化粧品を選ぶ時の基準や条件について教えてください。

大日方さん:

求めるのは、すばり効果です。年齢を重ねるとともに、効果を実感できないものは使う意味がないなと思ってしまいます。できるだけナチュラルなものを選びたいけれど、そこに効果は必要だなと思って選んでいます。ドゥーオーガニックは、オーガニックにこだわるだけでなく、“効果を実感してほしい”という思いでものづくりをされていると聞いて、これからも使い続けてみるのが楽しみ。やっぱり化粧品は手応えがあるとまた使いたくなるし、そうするとスキンケアの時間がもっと楽しくなるんですよね。

ー ありがとうございます。ドゥーオーガニックで、印象に残っている商品を教えてください。

大日方さん:

オイルクレンジングかと思いきや、ウォーターベースのクレンジング リキッド <化粧落とし>。メイクはできればやさしくオフしたいと考えていて、これはやさしい肌あたりのテクスチャ―なので、肌を強くこすらずクレンジングできますよね。

ー 開発当時、エコサート認証されている原料で満足できる洗浄力のクレンジング成分が少なく、納得のいく商品が作れなかったので、自社で原料や成分を新たに探して申請するところからスタートしました。試行錯誤して完成したメイク落としはブランド内人気ナンバー1なんですよ。他の商品はいかがですか?

大日方さん:

ウォッシング ムース <洗顔料>は、泡がもっちりしていて、洗っていてもなかなか泡がへたらず消えないのが嬉しい。私は、洗顔は泡で出るタイプと決めていていろいろと使うのですが、これは泡の持ちや弾力がダントツ。洗う時、肌に手が触れないから、摩擦が起きにくく優しく洗えそうですね。

大日方さん:

あと、米ぬか*1とクレイ*2をオーガニックコットンで包んだ、マッサージ バッグ<マッサージ料>は、とてもおもしろい商品ですよね。他にはない商品でユニークだなと思いました。

ー ブランド立ち上げ時からある商品で、これを使うとつるんとしたなめらかな肌に仕上がります。

大日方さん:

しっかりとよごれを落としたら、エクストラクト ローション モイスト <化粧水>をたっぷりと使って肌をうるおします。高保湿化粧水というだけあって、とろみがあって、つつみ込んでくれるようなテクスチャーですね。

大日方さん:

普段、朝お風呂に入ることが多いのですが、バスタイムに欠かせないのが、アロマ ソルト フォー エナジーです。バスソルトは大好きでいろいろと使いますが、これは香り立ちが本当に良くて大好きです。バスルームにふわっと広がって長持ちするのが嬉しいですよね。

真面目に誠実に、ものづくりをする姿に惚れます

ー ブランドのものづくりの姿勢や理念に共感できる点、ご自身とリンクする点などありますか?

大日方さん:

誠実なところです。自分で言うのも変ですけど、私も仕事でもプライベートでも、誠実さを大切にしているので。アパレルブランドとコラボ商品を作ることも多く、いろいろなブランドの方とお会いする機会も多いのですが、ブランドの真面目さや誠実さに惚れて、依頼を引き受けることもあるんです。地道に真面目にものづくりをしている姿っていいですよね。

ー 最後に、これからの展望について教えてください。

大日方さん:

2拠点生活ができたらいいなと思っています。今、リモートワークも増えていて、意外とやってみたらできるかも?と。打ち合わせやインタビューも、オンラインで行うことも可能ですよね。ここ何年も週末は千葉の海の家で過ごしているのですが、そちらの暮らしをメインに、移り住めたらいいなと考え始めています。広い庭のある家で保護犬のボランティア活動も、もう少し大きくできるといいですね。そうすれば、保健所から大型犬も引き出してあげられるし。活動の次の一歩として、自分のシェルターを持てたらと思っています。

*1 コメヌカ(スクラブ成分)
*2 タナクラクレイ(スクラブ成分)

photos by Yoshimi Kikuchi

大日方久美子さん

大日方久美子さん
(おびなた・くみこ)
パーソナルスタイリスト。アパレル販売の経験を経て独立。独立後に始めたインスタグラムでは、エレガントでスタイリッシュな着こなしにファンが急増し、多くのフォロワーを持つ。現在はアパレルブランドのWEBページでスタイリングやモデル、コラボ商品の開発、イベント企画なども行う。著書に『”エレガント”から作る大人シンプルスタイル』。
Instagram @kumi511976

PAGETOP