日本らしく誠実なものづくりを続け、“戻ってこれる”ブランドを目指して・吉川千明さん<後編>

第30回目は前回に引き続き、吉川千明さんにお話を伺います。吉川さんには、ドゥーオーガニックのデビュー当時、アドバイスをいただくなど、お世話になっています。10周年を迎えたドゥーオーガニックは吉川さんの目にどう映っているのでしょうか。吉川さんに、印象に残っている製品やブランドの特徴、これからのドゥーオーガニックに期待することなどを伺いました。

ドゥーオーガニックの製品には、日本らしさとオリジナリティーを感じます

ー 昨年10周年を迎えたドゥーオーガニック。改めて今のブランドの印象を教えていただけますでしょうか。

吉川さん:

容器や佇まいからも日本の化粧品らしさが感じられますよね。「do organic」(オーガニックしよう!)というネーミングもいい。今では幅広い方々に受け入れられているように感じています。私もカウンセリングをして製品をおすすめする機会がありますが、国産のものが安心という方も多く、そういう方にも勧められる国産コスメの代表ですね。生真面目だけではなくエレガントさもあって、試行錯誤しながら10年作り続けてきたからこそのストーリーもあり、ブランドに奥行きを感じます。まだ国産のオーガニックコスメが少ないなかデビューして、今ではとてもオリジナリティのあるブランドになっていると思います。

ー ありがとうございます。吉川さんから見て、ドゥーオーガニックの魅力とはどのような点でしょうか?

吉川さん:

まず成分が曖昧なところがなくきっちりしていること。オーガニック認証もしっかり取得して、国産原料に着目してきちんとルールに沿って作られている点には、ドゥーオーガニックの生真面目さが表われていますよね。オーガニック認証を取得するのは、実は本当に大変。最初は認証を目指すブランドも多いのだけれど、たった一つ成分が使えないだけで商品が完成しない。結局諦めてしまうブランドをいくつも見ました。認証がなくてもきちんとしたものづくりをしているブランドはもちろんありますが、やはりあると安心感がありますね。認証マークは、頑張ったブランドへのご褒美。努力の証だと思って見て欲しいですね。

ー 認証マークがあることは、一つの指標になりますよね。その分、納得のいく製品を作るのは難しく、製品数は限られてしまうのですが…。

吉川さん:

無駄のないラインナップなのも魅力だと思いますよ。目的がわかりやすく、しっかり保湿してくれるし、効果効能も実感しやすい。肌に優しいだけではなく機能的なのが嬉しいですね。そして、香りという愉しみがちゃんとあることも魅力的。真面目だけじゃない日本のものづくりの良さがきちんと出ているなと感じます。香りを通して女性の気持ちまで大切に考えていますよね。

いつでも“戻ってこれる”ブランドを目指して欲しい

ー ドゥーオーガニック製品の中で、印象的な商品を教えてください。

吉川さん:

まず、クレンジング リキッド <化粧落とし>。オーガニックコスメのクレンジングは洗浄力が優しいものが多いけど、これはメイク汚れがしっかり落ちます。夏の落ちにくい日焼け止めにもいいですよね。誰もが1本は持っていて欲しいアイテムです。

エクストラクト ローション モイスト <化粧水>は、保湿タイプというだけあって、内側までしっかり保湿してくれます。一年を通してこれを選ぶのもいいけれど、季節の変わり目に肌が揺らいだ時や紫外線を浴びたあとにはエクストラクト ローション リペア <化粧水>と、使い分けるのもいいと思います。

肌が乾燥しているときは、まずは肌に水分(潤い)の土台を作ってあげることが必要ですが、化粧水の後にいきなりクリームでカバーするより、ジェル状の美容液を挟むのが私のセオリー。パワー セラム V <美容液>は、1本置いておくと安心なアイテムです。

そして、米ぬか由来の、米胚芽オイルが配合されたトリートメント オイル スムージング <オイル状美容液>は、やっぱりいい!米胚芽オイルは安定性もいいし、保湿力が高く、ビタミンEが豊富。肌にハリ感をアップしてくれます。アルガンオイルやボラージと月見草が入っていて、敏感に傾いた肌や乾燥肌にもおすすめ。ゼラニウムの香りも女性には嬉しいですよね。

また乾燥がひどい人におすすめしたいのが、エンリッチ クリーム アドバンスト <保湿クリーム>。軽いテクスチャーなのに、しっかり保湿してくれます。

ー 今後のドゥーオーガニックに期待することはありますか?

吉川さん:

あえて変わる必要はないと思っています。オーガニックコスメは最近ではいろいろな商品が出てきて、他に目移りしてしまうこともありますが、変わらず日本のものをきちんと使って作り続けていくことで、何かあったら“いつでも戻ってこれる”ブランドになって欲しい。日本人は、誠実、嘘をつかない、丁寧であることが、世界にも誇れる良さだと思うから、ドゥーオーガニックには日本人の誠実なものづくりを、このまま続けていって欲しいと願っています。今後もオーガニックビューティーのすばらしさを伝えていって、一緒にオーガニックの世界を盛り上げて行きましょう!

Photos by:Nobuki Kawaharazaki

吉川千明さん

吉川千明さん
(よしかわ・ちあき)
美容家・オーガニックスペシャリスト。オーガニックコスメのPRオフィス「ビオ代官山」・働く女性の保健室「さくら治療院」代表。「最上級のビューティは自然の力、植物の力が与えてくれる」という考えのもと、ビューティー、食、漢方、女性医療などナチュラルで美しいライフスタイルをさまざまな角度から提案。サロンやショップのプロデュースや、日本ではじめての女性専用漢方薬局を銀座に設立した経験を持ち、オーガニックビューティーの第一人者として、多岐に渡り活躍中。また15年続けている女性のためのセミナー「女性ホルモン塾」などを通して、女性特有のライフスタイルやこれからの暮らし方を発信している。https://biodaikanyama.com

PAGETOP